東大理1受験レポート

日々の勉強記録や目標を綴って行きます

時間効率の良い勉強スタイル

 

 

こんばんは。6月も後半に差し掛かり来月はいよいよ東大模試もスタートしますね

こちらは定期考査が無事終わり、やっと自分の勉強に時間を割り振れます

 

最近全然雨降りませんね

本当に梅雨なんでしょうか…

受験生としては勉強しやすい気候なんで助かりますが今年は全国的な水不足に直面しそうですね

 

 

前回の記事で飴と鞭戦法

を提唱し、今週ずっとそれを実行していた訳なんですけれど

これまでの勉強スタイルと比較して、

圧倒的に時間効率がいいことが判明しました

6月11日 - 東大理1受験レポート

 

決められた時間内に予め何をどれくらいやるのか初めに見当を付けます。

このとき自分の能力的に少し負荷がかかる程度の量、

つまり結構集中しないと終わらない内容にしておくのがポイントだと思います。

後はとにかくそれを終わらせることですね

 

自分の場合だと50分が集中力の続くベストな時間なので勉強時間50分休憩時間10分と設定し、例えば数学だとfocusgoldⅢの例題を15問解こうとする感じです。

時間内に終わらなかったら次のセットに組み込むのもアリだと思います

 

飴と鞭なんて仰々しい名前付けちゃいましたが、結局やっていることは

学校の授業サイクルの模倣です

我々は10年以上学校に通っている訳ですから、自然とこの時間サイクルがしっくりくるのも理解に難くはないでしょう

 

それとこの勉強をして気が付いたことがあります

それは1時間でやれることはとにかく少ない!

ってことです。

休日なら10セットくらいできてかなりの勉強量を確保できますが

時間のあまりない平日だとそうは行きません

全教科満遍なくしようとすれば尚更少なく見えるでしょう

 

これについてはある程度仕方のないことだと受け入れ、

さらなる効率UPを図ることでカバーします

 

では!

東大受験生ブログランキング